テクノロジーと経営の力で、医療の現場に新しい選択肢を。

会社概要

メッセージとミッション

“テクノロジーと経営の力で、
医療の現場に新しい選択肢を。”

世界でも類を見ないほど質の高い日本の医療。
その一方で、医療を取り巻く環境は
さまざまな問題を抱え、複雑化しています。

人材の不足、患者数の増加、日々アップデートされる情報や技術 ―
ますます多忙を極め、疲弊する医療の現場を改善できないか。

それが私たちの理念であり、実現したい世界です。
医療従事者にも患者さんにもよりよい医療をずっと続けられるように。
医療の現状に、新たな選択肢を提供したい、と考えています。

理想だけでも、効率だけでもない。
どちらも実現し、ずっと続けてゆける環境をつくること。
それが、誰もが安心できる医療につながるはずだから。

メッセージ

患者さんと医療従事者の双方に
より良い医療を実現したい

木畑 宏一代表取締役社長 / 医師
木畑 宏一

2006年東京大学医学部卒業。公立昭和病院にて医師として勤務。2008年よりMcKinseyにて、ヘルスケア、小売、ハイテクと幅広い分野でのコンサルティングに従事。2010年よりフルブライト奨学生としてハーバード大学経営大学院に留学。2012年にMBAを取得し帰国。インドのNarayana病院で病院経営関与後、ユニゾン・キャピタルに勤務。製薬業界の再編などに関わる。2016年8月にメディカルノートに参画、2016年12月に代表取締役社長に就任。

木畑 宏一

医療の未来を創る
持続可能から成長発展へ

木畑 宏一共同創業者・取締役 / 医師・医学博士
井上 祥

2009年横浜市立大学医学部卒。横浜労災病院初期研修医を経て2011年より横浜市立大学大学院医学教育学・消化器内科学、2015年3月医学博士(甲号)を取得。医師として多数のベストセラー医療書籍を執筆し、在学中よりメディカルノートを創業。一般生活者の医療リテラシー向上を理念に医療情報サイト「メディカルノート」を2015年3月に立ち上げ。 2008年北京頭脳オリンピック”WMSG”チェス日本代表。日本オリンピック委員会中央競技団体ドクターとして2013年仁川アジア大会チェス日本代表のアンチ・ドーピングを担当。東京都医学総合研究所客員研究員。

井上 祥

会社概要

COMPANY

医療の未来に貢献するメディカルノートの様々なサービス

会社名

株式会社メディカルノート
Medical Note Inc.

本社所在地

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-11-11
IVYイーストビル9F
TEL : 03-6419-0822

アクセス

事業内容

メディカルノートプラットフォーム事業
医療プラットフォーム事業

資本金

1億円(2018年6月末時点)

代表者

代表取締役社長 木畑 宏一

役員紹介

取締役 井上 祥
取締役 梅田 裕真
取締役 小林 裕貴
取締役 髙岡 美緒
取締役 須山 敏彦
社外取締役 橋都 浩平
社外取締役 井坂 省三
社外取締役 兒玉 和也
常勤社外監査役 津田 進世
非常勤社外監査役 高野 寧績
非常勤社外監査役 藤田 卓仙

従業員数

100名(2017年12月末時点)

アドバイザリーボード

医療アドバイザー

五十嵐 隆

国立成育医療研究センター 理事長
日本小児科学会前会長

糸山 泰人

国際医療福祉大学前副学長

垣添 忠生

公益財団法人日本対がん協会会長
国立がんセンター名誉総長

平田 公一

JR札幌病院 顧問

白石 吉彦

隠岐島前病院 院長

事業アドバイザー

麻生 巖

株式会社麻生 代表取締役社長
株式会社麻生 グループ経営委員会委員長

SPECIAL MESSAGE

医療情報の発信において大切なこと

髙久史麿先生 地域医療振興協会 会長 / 日本医学会 前会長
髙久史麿先生

真に有用な情報を発信するために、メディカルノートには次の2点を大切にし続けてほしいと願います。 ひとつは、本物のスペシャリストへの丁寧な取材により一次情報を得ること、 もうひとつは、針小棒大な伝え方をしないことです。 健康や生命に関わる医療情報を記事化することは、「話題になる記事」を作ることではありません。 信頼できる医療情報はともすると退屈になりがちです。 そんな地味な情報でも一生懸命に提示し続けていくことが、真に患者さんや医療者の信頼を得ることにつながります。 これからは医療人自身もより情報発信をしていかねばなりません。 メディカルノートには良識ある医療人のサポートを期待しています。

髙久史麿先生

沿革

2014年 10月

メディア事業、医業支援事業の二事業を柱として、株式会社メディカルノートを設立

2015年 3月

臨床の第一線で活躍する専門家の監修・執筆による信頼できる医療情報を発信する医療情報メディア『メディカルノート』を開始

2016年 3月

本格的に医業支援事業を開始。医療機関運営の課題に、医師と各分野のプロフェッショナルの目線であらゆる支援を提供し、医療従事者の理想の医療を実現することを目指す

2017年 4月

東京都渋谷区の新オフィスに移転、増床を完了

2017年 5月

アフラックと、健康増進・ヘルスケア領域において業務提携契約を締結